エンジニアリングレポート・遵法性調査・耐震診断、増築・改修の建築確認は、J建築検査センター(JAIC)へ

CASBEE評価認証

建築物の資産価値を左右する環境性能評価をCASBEE(建築物総合環境性能評価システム)に基づき認証します。

業務内容

CASBEEは、設計者等の環境配慮設計のための自己評価ツールとして、また、建築行政での活用や建築物の資産評価等に利用可能な環境ラベリングツールとして利用されることを目的に開発されたものです。

CASBEEの評価結果を第三者に提供する場合にはその信頼性や透明性の確保が重要となります。

評価認証制度はこれらの観点から設けられた制度で、「CASBEE」による評価結果の的確性を確認することにより、その適正な運用と普及を図ることを目的としています。

当社は、財団法人建築環境・省エネルギー機構(IBEC)よりCASBEE評価認証を行う第三者機関として認定を受け、CASBEE評価認証業務を行っています。

業務区域 日本全域
対象建築物 戸建て住宅を除く建築物

詳しく見る

CASBEEについて

「CASBEE」(建築物総合環境性能評価システム)は、建築物の環境性能で評価し格付けする手法である。省エネや省資源・リサイクル性能といった環境負荷削減の側面はもとより、室内の快適性や景観への配慮といった環境品質・性能の向上といった側面も含めた、建築物の環境性能を総合的に評価するシステムである。CASBEEの評価ツールは、

  1. 建築物のライフサイクルを通じた評価ができること
  2. 「建築物の環境品質・性能(Q)」と「建築物の環境負荷(L)」の両側面から評価すること
  3. 「環境効率」の考え方を用いて新たに開発された評価指標

「BEE(建築物の環境性能効率、Building Environmental Efficiency)」で評価するという
3つの理念に基づいて開発された。

BEEによるランキングでは、

  • 「Sランク(素晴らしい)」から、
  • 「Aランク(大変良い)」
  • 「B+ランク(良い)」
  • 「B-ランク(やや劣る)」
  • 「Cランク(劣る)」

という5段階の格付けが与えられる。
売買契約書や工事請負契約書に住宅性能評価書やその写しを添付することで、評価書に記載された住宅性能を契約内容とみなすことができます。
(※ 但し契約書面で契約内容から除外する事を明示した場合はこの限りではありません)

建築物のライフサイクルと4つの評価ツール

CASBEEは建築物のライフサイクルに対応して、

    • CASBEE-企画
    • CASBEE-新築
    • CASBEE-既存
    • CASBEE-改修

の4つの評価ツールにより構成され、デザインプロセスにおける各段階で活用されることを想定している。

これらの4つの基本ツールおよび

  • CASBEE-HI(ヒートアイランド)
  • CASBEE-まちづくり
  • CASBEE-すまい(戸建)

など、個別目的への拡張ツールを総称して、「CASBEEファミリー」と呼んでいる。各ツールにはそれぞれ目的とターゲットユーザーが設定されており、評価対象とする様々な建物の用途(事務所、学校、集合住宅等)にそれぞれ対応できるように設計されています。

CASBEE認価承認のフロー

CADBEE認証機関の概要

認定番号 IBEC機関認定第11号
区分 CASBEE評価認証機関認定制度要綱施行規則第1条第二号(CASBEE 新築等)に定める区分
対象地区 日本全域
期間 平成26年4月1日から平成31年3月31日まで

【書類ダウンロード】を開く

一般書類

No. 書類名 形式 サイズ 更新日
D01 受付表 39 KB 18/03/20
J01 CASBEE_評価認証申請書 29 KB 18/03/20
J02 CASBEE_委任状 12 KB 18/03/20
J03 CASBEE_環境配慮事項 18 KB 18/03/20

任意書類

No. 書類名 形式 サイズ 更新日
J04 CASBEE_評価認証変更申請書 14 KB 18/03/20
J05 CASBEE_取下届 19 KB 18/03/20

【業務規程等】を開く

No. 書類名 形式 サイズ 更新日
規J01 CASBEE評価認証業務約款 215 KB 18/04/19
規J02 CASBEE評価認証業務規程 249 KB 18/04/19
規J03 評価認証業務手数料規程 92 KB 18/04/19

【料金表】を開く

No. 書類名 形式 サイズ 更新日
表J01 評価認証業務手数料 73 KB 18/04/19